2012年5月30日水曜日

トッティの大冒険

先日の日曜日、とんでもない事件がありました。

リーシャマール幻の猫。末っ子、トッティです。
非常に臆病で、私と夫以外はまず姿を見ることは出来ません。


この件は私の痛恨のミス!だったのですが…
朝の犬散歩から帰りふと見上げると、なんと、完全室内飼いのマロンが屋根の上でゴロゴロしてるではありませんか!
換気のために窓を開けて(網戸は閉まってた)、閉めずに散歩に出てしまってたのです。
とっさに2Fに駆け上がり呼び寄せ、呼んだらすぐ来るマロンは難なく室内へ。
「ふー危なかった〜」
と安堵していたら、「にゃーお」との声。
なんと、窓の網戸の外側にトッティがいるではありませんか!
「トッティ!!」
と、ビックリして網戸を開けようとすると、トッティはビックリして屋根の上をダッシュで逃げていってしまいました!
とっさに追いかけようとするものの、今のトッティはテンパっているし、とっても恐がりっこなので、追うとどこかへ逃げてしまう可能性があります。
サロン2Fの左の屋根からすごい勢いで姿を消してしまったトッティ、どこを探しても見当たりません。30分位でしょうか、探してみると、2F屋根から1F屋根に飛び降り、1Fの右の屋根の隅っこで固まっているのを夫が見つけました。
怖くてどうしていいか分からない様子です。
ガルバリウム屋根なので、爪が立たず滑って、2F屋根に登れなくなってしまったのです。
1Fからは屋根に登れません、トッティへは、はしごも惜しいことに届きません。

そこでトッティ救出大作戦が始まりました。
にぼしとキャットケージを背負い込み、屋根をつたって行く事に。日向部分の屋根は、裸足の裏が太陽熱で熱くてたまりません。
屋根の段差をまたぎながら、トッティのいる場所へ何とか到着。
抱っこしようとすると、驚いてまた逃げてしまいました!
幸い地面には降りず、反対側の屋根の隅っこに行って固まっています。
今度もそっと近付き、すぐに抱き上げようとせず話し掛けました。
「トッティ、今日は良い天気だね。暖かくて、空の青がきれいだね。心配したんだよ、ハナマロキキもみんな心配してるよ。初めての大冒険はどうだった?楽しかった?怖かったでしょう?迎えに来たから、もう大丈夫だよ。ジッとしてて偉かったね。」
と撫でながら、しばしの間、色々会話を楽しみます。
落ち着いてきたところで、
「さあ、そろそろ一緒にお家に帰ろうか。大丈夫、連れて帰ってあげるからね。」
と抱っこし、キャットケージに無事入ってくれました。
ほんの一瞬の外界散歩は、怖くて怖くてしょうがなかったそうです。
心底ホッと胸を撫で下ろし、トッティ入りのキャットケージを背負い込み、転がり落ちないよう気を付けながら、屋根を伝って、「アチチ、アチチ」と戻ります。
やっと部屋に連れ帰り、ミッション終了!

画像は、無事部屋に戻ってこれて安心しきって、くつろいでいるトッティ。
「やっぱりお家が一番!」


いや〜しかし、窓には要注意!!です。

0 件のコメント:

コメントを投稿