2013年3月20日水曜日

メルテの下痢

久しぶりの更新で、いきなり下痢のお話もなんですが、
今回から犬猫たちの下痢シリーズについて書いてみようと思います。


今日は、「メルテの下痢」についてのお話にします。
下痢で心配されている方、手作り食をされてる方など、参考になったら嬉しいです。

ここでお話する「メルテの下痢」は、
「健康な状態で起こるデトックス下痢」です。

〜その前に、今年の2月で8才になったメルテの情報を少し〜

約2年前から便秘がちになり、約1年前に尿漏れが始まりました。
生まれつき腰が弱く、大きな上半身の割に下半身の小さい(貧弱)子でした。
1才になる前、突然キューン!と言って立てなくなり、病院でレントゲン、
股関節が緩い(亜脱臼しかかってる)とのことでした。
しかし、それ以来痛がることもなく(現在もなし)健康にお散歩も普通のメルテ。

尿漏れ当初、動物病院の内視鏡検査で原因分からず、その他の検査でも分からず、
ある先生は、
「何が原因か分からない。ただ、外で飼っていれば漏れや便秘など気にならない。
それを神経質に気にする飼い主が犬にストレスを与え、それが原因の場合もある」
とのことでした。
元気ですが、何か病気のサインではないかと、自然療法や東洋医学の獣医さんなど
いくつか行きました。
つい先日まで約1年、腎肝サポートや血液や血管浄化の漢方薬を飲んでいました。

たしかに様々な良い兆候が見られ改善されてきましたが、便秘も尿漏れも完全に
治るということには、まだ繋がっていません。
鍼灸の治療をと思い行ったのですが、それは必要ない(他の病気を疑ってのこと)
とのことで、漢方薬から入りました。

実は私としては以前から、馬尾症候群の兆候ではないかと疑っているのですが、
その疑いがあるとおっしゃった先生は一人もいらっしゃいませんので、
違うかもしれません。(違う方が嬉しいですが)
しかし、もしそうだったとしても、この病気を特に恐れてはいません。


そんなメルテですが、毎日食欲も元気も、老犬らしからず!


さて、手作り自然食の犬猫では、「健康な状態でのデトックス下痢」というのが
割とあります。
これは、ごはんの内容によって、どんなうんちが出てくるか、が変わるということ
や体自体が行う解毒(デトックス)の場合がほとんどです。

例えば、与えたものの量によって軟便や下痢になるかもしれない食材は…
・オメガ3脂肪酸の多い場合(魚油や亜麻仁油など)
・肉と骨のバランスが悪い場合(肉ばかりの場合・魚ばかりの場合)

・内臓類が多い場合(あるいは骨が足りない場合)
・ビタミンCなどを大量摂取した場合
・野菜ばかりの場合

・穀類ばかりの場合
・油脂類が多い場合
・骨の多い場合
・不得意な種類のお肉やお魚
・食べ過ぎ(その犬の消化許容量が越えている場合)
などなど、数えきれないほど色々あります。

これらのものを食べて下痢をしたと推測される場合(そして元気がある場合)、
私は病院へ行かず、2日間は様子を見ます。


〜メルテ先日の下痢〜
(ここでは肉類の記載のみ)
下痢の前々日: 夜、サーモンやメカジキなどオメガ3の豊富な刺身メイン食
下痢の前日: 夜、鹿肉・鹿レバー(骨やカルシウム入れ忘れ)
下痢、当日:鹿肉・鹿骨ミンチ

:散歩で固めの良いウンチ
朝食あげていつも通り食べる
元気あり・食欲あり

:サロン内で茶色い汁(ウンチの汁)や所々に少量ドロドロの下痢をしていた
外に出すと、また固めの良いウンチと共に、ウンチ汁もドバッと多めに出た
元気あり・食欲あり

昼過ぎから夕方:もうこれで大丈夫かと思いきや、また室内の所々、
座ったり立ったり吠えたりする場所にヘドロ状や液状のウンチ汁が。
ああ〜これは最後まで出なきゃおさまらないかもしれん…と思いつつ掃除。
室内での漏れドロドロうんち、少量2回程度
元気あり・食欲あり

夕方〜夜
夕方トイレ散歩に出すと、大量のバナナ様ウンチからドロ状下痢が大量に出た。
もうさすがにこれで出切ったかな、と一安心。足を洗い、部屋に入ると間もなく座ったところ、休んだところなど、いたるところにちょぼちょぼ液体ウンチやドロ状ウンチ。
まだ腹の中にあるか〜と、またすぐ外に出してみる。
すると、大量に水下痢。これで出し切りでありますように!と願う。
ごはんは絶食
元気あり・食欲あり

夜から深夜
水下痢を一通り出し切ると、やっと全てが出切った様子、
メルテはすっかりスッキリ顔。その後、朝まで漏れなし、大丈夫だった。
元気あり・食欲あり

以降、下痢なし
上記の所々の室内漏れは、メルテならではです。
(うんちも下痢の場合尿漏れと同じでよく漏れる=しまりがない)
リリィやノア、普通の子なら漏れていない(我慢出来る)ことでしょう。

合計丸3日〜4日分くらいの量を出しました。
腸内に付着した、いらないものも全部出て洗い流した!という感じです。
逆算すると、朝のうんちは便秘気味で入っていた分のうんち、液状うんち漏れ始まりは昼頃からで、治まったのが深夜でした。

私の場合、下記の状態であれば、2日間は何もしないことで様子を見ます。

1)本人が体力もあり、元気な成犬である
2)2日前あるいは前日、または朝に食べたもので、
  緩くなったり下痢になることに、心当たりがある(下痢しやすい食べ物など)
3)どこかに出掛けて疲れた、お客様が来るなどでストレスがかかった覚えがある

芋づる式にうんちを出す動物は、何を食べたかは大抵1〜2日後のうんちに
出てきます。(うんちの出てくる早さには、大小や個体差あり:メルテは3日後)
体に異物や細菌などが入った場合、腐ったものを食べた場合、
消化可能レベルを過ぎた場合(食べ過ぎ)、
お肉や野菜の量に対して骨(カルシウム)足りない場合、
逆に、お肉や野菜の量に対して、骨(カルシウム)が多すぎる場合、
オメガ3である魚油の配合や亜麻仁油の配合が多かった場合、
など様々で数えきれません。

メルテの年に数回起こる下痢のビックバンは、
便秘をしがちなメルテの体が、それで溜まって来る毒素を排毒させるために
起こっています。
このような時、解毒を促すのと内臓を休息させるために絶食することが多いです。

リリィやノアでも、体の外に出したい(出す必要のある)ものがある場合、
大抵体内の宿便全てが出たんじゃない?という量のうんちや下痢を出した後、
水下痢で腸内を洗い流す、という状態になり、
その後のうんちは、何もしなくても嘘のように正常に戻ります。

※腸内洗浄(こちらでは水下痢のことをそう言っています)の後、便秘の子でなくても
うんちが2日位出ないことがあります。これは便秘ではなく、宿便も全て出し切り、
その後、しっかり消化吸収しているからこそ起こることです。

健康な状態での下痢は、体内に入ってきた異物や多い成分の調節やデトックスなど
体の自然な反応ですから、本来止めるべきものではありません。
体が取り急ぎ排泄(うんちも解毒)を必要としているから起きていることなので
何もしないことで、老廃物や出したい物質を効率よく出して正常に戻ります。
2日間以上、下痢や水下痢が続くようなら、健康な状態での下痢ではない可能性が
多々あります。



例えばウィルスや寄生虫など感染症の下痢は様子を見ていては生死に関わります。
この点においては注意が必要です。

メルテの今回のうんちは(室内での多数あった少量の漏れ以外)
固いうんち→バナナうんちとドロ液下痢→バナナうんちとドロ下痢→水下痢
外に出した時しっかり出したのを正式な1回とすると、1日合計で4回。
その他、室内での漏れ合計の量では、プラス1回分程度の量。でした。

病的なもの、感染症的なものは、
1〜2時間に1回など、時間が経つごとにもっと頻繁な下痢となり、
食欲、元気ともに、明らかになくなります。

うんちも下痢も、様々な言葉を発しています。
手作り食では、毎日のうんちが違うのは、当たり前。
私たちのうんちも、健康であっても食べるものによって、
コロコロだったり、軟便だったり、下痢だったり、水下痢だったり。

どんな食べ物を食べたらどんなうんちが出て来るのか、
皆さんもどうぞ、毎日のうんちと会話してみてください。
(この記事は、手作り食を与えている場合の内容です。)


何かの物質に対して素早く排泄し解毒しようと下痢を起こしているのに、
その物質がまた体内に入って来るために治らない、という場合もあります。


次は、「下痢・軟便が止まらない…」リリィの下痢1(フードバージョン)
を書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿