2013年4月22日月曜日

リリィの下痢(1) フードの下痢


昔、リリィが下痢をするとすぐ病院に行き、抗生物質を処方され、飲ませていました。


リリィは5才まで、ノアは2才までプレミアムドライフードを食べていました。

リリィのフード時代、ものすごい血便と嘔吐をする事件がありました。
15分置き位に下痢と嘔吐を繰り返し、死んでしまうと心から思いました。

すぐさま病院へ行ったものの、検査で何も見つからず、ステロイド注射に下痢止めのお薬が出され、一先ず様子を見るという処置でした。
獣医さんがパルボを疑う程の劇症型の下痢だったので、その後もしばらく抗生剤とステロイドが処方されました。
と同時に、耳にマラセチア感染が見つかり、治療しました。
これらは免疫力が低下している証拠でした。

下痢は治ったのですが、原因は明らかにはなりませんでした。

それからは少しの下痢症状でも不安になったり、もの言えぬ動物だからこそ心配でした。


リリィ4才の頃には、フードジプシーになりました。
何を食べても原因不明の下痢軟便が続いたのです。
約1年間、手作り食に変えるまで、それは続きました。

体に良いと言われるフード、プレミアムフードと言われるフードしか与えず、

原因は分からず、獣医さんでは、元気食欲があり検査しても何も出ないので
元々お腹が弱い子なのだろう、と繊維質の多いフードを薦められました。
しかし色々と良いと言われるドライフードを変えても、良くはなりませんでした。

治らない慢性的な下痢は、まず根本の食事を本当に健康なものに改善すべきです。

そのうち友人などから色々な話を耳にするようになり、次第にフード自体を疑問視する出来事が増えていきました。

「犬や猫にとって、本当にヘルシーといえる食事とは?」


を学べば学ぶほど、自然に近づけた手作り食が一番良いと思うようになりました。
それから手作り自然食(生食)をするようになりました。
すると、なんと1年も続いていたリリィの下痢や軟便が、嘘のようにピタリと治まったのです。
そして耳あか・体臭・口臭などもキレイになりました。
1ヶ月シャンプーしないとベタつきや臭いが出ていたリリィは、手作りにして気付くと数年シャンプーしなくてもお日様の香りで毛並みもサラサラになっていました。
慢性外耳炎(ベタベタの耳あかや赤らんだ耳中)も治まり、ほとんど耳掃除をしなくても良くなりました。ほとんど耳あかなど出なくなったのです。

リリィの体は、体内で吸収せず素早く排泄した方が良いものを正常に排泄していたのだと、後から分かりました。

元々お腹が弱い、アレルギー体質、と思っていたリリィの体は、実は、いたって健康な体の持ち主だったのです。
ただ、「体に合わない食事」「体が必要としないものがいっぱい入った食事」
を食べていたから起こっていた体の反応なのでした。

リリィの体にどれほど負担をかけていたのか、どれほどデトックスしていたのか、
プレミアムと呼ばれるペットフードは、どれほど犬猫の健康を保証出来るものなのか…
リリィは正しい見方を教えてくれました。


今思うと、フードにより起こり得る貯蔵ダニやカビ菌の問題、その他色々…原因となるような問題と合致する症状が、当時のリリィには山ほどあります。

そして手作り自然食にすることで、それらの原因が排除されて下痢が治まったのだと思います

(詳しくは、ぜひフードセミナーにご参加を!正しいフード知識を学びましょう)


私はいつの間にか我が子たちのうんちマスター?!になりました(笑)
今では、大抵の下痢の原因はすぐ分かるし、原因不明の場合でも、まずは正しい食事とナチュラルケアが一番!と思うようになりました。
リーシャマールの犬猫たちは、下痢で滅多なことでは病院には行きません。
手作り食をしていると、下痢軟便というものは割としょっちゅう遭遇します。
これはドライフードで起こる下痢や軟便とはタイプが違い、
手作りでは、食材がずっと同じではないため、うんちが固くなったり、柔らかくなったり、食材の配分によっては下痢になったりするからです。
健康な犬猫の手作り食の場合、食べ物が原因なら下痢が2日続いても、化学薬を与えなくても、大抵自分自身で回復します。

しかし、病的なものかそうでないかの見極めは、非常に重要です。
症状が病的であると判断した場合、すぐ病院へ行くのが賢明です。


冒頭に出たリリィの症状も、病的な症状ですね。
食欲を失い、目の力も失い、軟便に始まり、30分以内程度の感覚で、下痢→粘膜便→血便→水下痢→鮮血便→出るものないのにもよおす体勢を取り、絞り出そうとしてポタポタ血を垂らすこういった劇症型の症状では、一刻を争います。

そして、下痢と嘔吐を繰り返すような場合でもすぐ病院へ行きます。
食欲がなかったり、ぐったりしていたり、明らかに元気喪失の場合も、病院です。


原因が分かっている or いたって元気で食欲あり、だけど下痢という場合、様子を見ます。


しかし、とても当たり前のことなのですが、原因を取り除き、健康的な食事に改善することで、下痢も改善されるということが非常に多いのです。

よく「肉主体の手作り食は、お金がかかる」といわれます。
しかし、同じくらい病院にお金をかけている人も少なくないのではないでしょうか?
私は病院の治療にお金をかけるよりは、食にお金をかけたいと思っています。
それに食材費は、工夫次第ではプレミアムフードと大差なく抑えることも可能です。

体の免疫の、実に7割が腸に集中しているといわれています。

腸を健康にすることで、免疫力も上がり、健康になるといわれています。
ですからリーシャマールの森では、腸をキレイで健康にするような食事に主眼を置いています。

皆さんのワンニャンたちにも、ぜひお試しいただきたいです。

次は、リリィの下痢(2) 膵炎の下痢 です。

0 件のコメント:

コメントを投稿